医療と福祉をつなぐ|柔道整復師になるための専門学校では国家資格のサポートを行っている

柔道整復師になるための専門学校では国家資格のサポートを行っている

男性

医療と福祉をつなぐ

レディ

医療ソーシャルワーカーは病院や保健所などの医療と福祉をつなぐ役割を担っている仕事です。ソーシャルワーカーは障害を持っている人や一時的な病気で自立した生活を送ることができない人に社会復帰を目標にサポートするのです。医療ソーシャルワーカーになりたい人は福祉の大学または福祉の専門学校などで社会福祉学を学び、社会福祉の資格を取る必要があります。現在、医療ソーシャルワーカーの資格は国家資格としてありません。この仕事をしたいのであればまず社会福祉士の国家資格を取得することです。そうすることで病院などの医療施設で医療ソーシャルワーカーとして業務を遂行することができるでしょう。
医療ソーシャルワーカーとして一番大事になってくることは病院にいる患者の立場にたち物事を考えることです。医療ソーシャルワーカーは相手の気持ちも理解することで患者の信頼感を得ることが必要になります。病院でソーシャルワーカーとして仕事をしていると患者のさまざまなトラブルに巻き込まれます。その際は素早く患者のトラブルの原因となった情報をつかみ問題を解決しないといけないのです。医療ソーシャルワーカーは医療の高い専門知識があるからこそ患者の気持ちも理解できます。この仕事は人の役に立ちたいという思いを持っている人が望んでいる仕事です。また、福祉の勉強だけでなく相手の心理を読み取る心理学の勉強も必要になると言われています。医療ソーシャルワーカーの資格は特殊でまず社会福祉士または精神福祉士の資格を取得します。その資格を持っていることで医療ソーシャルワーカーとして採用されます。